福祉サービスの利用者を保護するための制度

介護保険などの契約によるサービス利用制度は、利用者の選択や自己決定を尊重するための仕組みです。
しかし利用者自身に適切にサービスを選択したり、判断する能力が不十分であれば理念は生かされません。
また判断能力が十分であっても、サービスの特性を考えれば、サービスに関する情報を入手して適切にサービスを活用したり、苦情を申し立てることは、実際には簡単なことではありません。
そのためサービスの利用者を保護する制度として、社会福祉事業者の経営情報などの開示や、地方自治体の情報提供責務の明確化、利用者のサービス選択や利用料の支払いなどを支援する地域福祉権利擁護事業、サービスに関する苦情解決事業が創設されたのです。